堺刃物

森本刃物製作所の仕事

室町時代の南蛮貿易で日本に輸入されはじめた煙草。その煙草を切る煙草包丁として生まれ、さらに長い年月をかけて完成された堺の伝統工芸品「堺打刃物」。
卓越したその切れ味は、世界中の多くの料理人に支持されている。


堺刃物

それぞれの技

京都の西陣織と同じように、この堺の伝統工芸品も職人たちの分業制で作られる。
鍛冶、刃付(研ぎ)、柄づくりなど、それぞれの技術に特化した職人たちが持てる最高の技で理想の1本をつくり出そうと挑み続ける。


堺刃物

刃付という仕事

いくつもの工程の中で森本刃物製作所の伝統工芸士・森本光一が担うのは、研いで刃をつける「刃付(はつけ)」と呼ばれる仕事。
研ぎ澄ます……その行為にふさわしい凛とした空気が作業場に漂う。


堺刃物

鍛冶職人との恊働

包丁職人が良い刃付をするためには、鍛冶職人の良い仕事が欠かせない。
鍛冶職人も理想の1本を生み出すために、持てる技のすべてをその1本に注ぎ込む。


堺刃物

2種類の鉄

切れ味がいいのはもちろん、研ぎやすく欠けにくいのも堺打刃物の特徴。鍛冶職人は、硬い刃金(はがね)と粘りのある地金(じがね)2種類の鉄を鍛接し、それぞれの長所を合わせ持ったを包丁の原型、包丁地を作る。


堺刃物

刃金付け

性質が異なる2種類の鉄は剥がれやすい。
堺にはそれを防ぐための「刃金付け」と呼ばれる技がある。


堺刃物

混じり合う伝統と技

火造りして金槌で叩き伸ばしながら、刃金を均等に地金に馴染ませる。
伝統の技術と職人の技が火花を散らしながら混じり合う。


堺刃物

職人の勘

地金に馴染んだ刃金が刃の位置に来るよう、具合を見ながら叩いて整形する。
叩く位置やタイミングは、職人自身が長い時間をかけて培ってきた勘。


堺刃物

鉄を鍛える

冷めた後にさらに全体を叩き馴らし、鉄を打ち締める。
歪みがとれ、鍛えられた包丁になる。


堺刃物

焼き入れ

型にあわせて形を整えてから、もう一度炉に入れて焼き入れを行う。
この手間の多い鍛冶が堺打刃物の切れ味を守る。


堺刃物

切れ味を高めるために

真赤に焼けた状態から、水に入れて一気に冷やす。鋼の硬度が高くなり、切れ味を鋭くするための先人たちの発見。


堺刃物

仕事に応える仕事

さらに幾つかの工程を経て、硬さと粘りを併せ持った包丁地が鍛冶職人から刃付職人・森本へ引き渡される。
森本は1本1本の状態を見極め、鍛冶職人の仕事に応える。


堺刃物

回転研石

森本が使うのは使い込まれた円筒形の回転研石。
細かさや硬さが異なる砥石を使い分けながら、鍛冶職人が埋め込んだ刃金を研ぎ出す。


堺刃物

削り出す

刃付けの仕事は、研ぐと言うよりも削り出す感じに近い。
包丁の形をした鉄の塊から少しずつ本物の包丁を削り出していく。


堺刃物

本研ぎ

荒研ぎ終わると、次は本研ぎ。
熟練した職人の頭の中には、理想とする包丁の形がある。その形を目指し、高速で回転する研石の上を、繰り返し繰り返し、滑らすように削っていく。


堺刃物

わずかな歪みまで

森本は研ぎの過程でもわずかな鉄の歪みを感じ取る。
研ぎでは修正できない歪みを感じる度に、細かく叩き直す。


堺刃物

ひと磨きずつ

歪みを直しながら、ひと磨きずつ慎重に形を整えていく。
森本の頭の中にある理想の包丁の形、それと照らし合わせながら。


堺刃物

包丁の理想の形へ

この段階まで来ると少しの歪みも許さない。
薄皮を剥ぐように一磨きずつ、極限まで理想の形に近づける。


堺刃物

羽布あて

形をつくり上げると、次は包丁の肌を整える。
羽布(バフ)をあて、砥石で研いだ面の目をさらに細かくし、鉄の光沢を引き出す。


堺刃物

木砥あて

羽布をあてた後、さらに木砥と呼ばれる木の砥石で研ぎの目をなくし、きめ細かな肌をつくる。
包丁の肌が鉄特有の美しい光沢を帯びはじめる。


堺刃物

際引き

肌に光沢が備わると、いよいよ仕上げ。
木片で刃の部分を擦って、しのぎ筋を際立たせる。しのぎ筋とは、包丁の腹の平面と、腹から刃に向かう切刃部分の斜面の境界線のこと。


堺刃物

霞ぼかし

さらに切刃部分を擦って、刃の部分に現れる刃金と地金の刃境を際立たせる。日本刀の刃紋のように、刃金と地金の文様が浮き上がり、凛々しさが漂い始める。
鍛冶職人の仕事に敬意を払い、鍛冶の技まで包丁に映し込む。


堺刃物

小刃合わせ

仕上げに、目の細かい砥石で刃先を研ぎ上げ、切れ味を整える。刃付職人の最後の工程。


堺刃物

伝統工芸品の気品

完成に近づくにつれ、鉄の塊だった包丁に美しい質感が備わっていく。


堺刃物

堺打刃物

堺の鍛冶と研ぎの技術が集約されて出来上がった包丁は、形、光沢、質感、そして切れ味も優れ、他の追随を許さない最高峰の品質と品格を備える。
鍛冶職人と刃付職人の技が合わさった、堺の地で生み出される伝統工芸品。


堺刃物




堺刃物

伝統の舞台裏で

森本刃物製作所の壁には、砥石で削られた鉄粉が層をなしてこびりつく。
いつまでも受け継がれる伝統の技、その舞台裏には日々鍛錬を繰り返す職人の姿がある。


堺刃物

森本 光一

刃付職人の父・宇一郎の長男として子供の頃から包丁づくりを学んだ。
46歳で通商産業大臣認定の堺打刃物・伝統工芸士となり、堺包丁の伝統を受け継ぐ。
森本刃物製作所代表。


堺刃物

森本 守

長男。平成8年より父に師事、刃付職人となる。
平成15年に大阪府主催の「なにわの名工若葉賞」を受賞。


堺刃物

森本 吉昭

次男。父に師事し、刃付けの技を磨く。
堺で主流の片刃だけではなく両刃の研ぎも学ぶなど、職人として経験を積み重ねる日々。


堺刃物

森本 麻佐子

作家がひとつずつ手づくりで仕上げるカスタム・ナイフに出会ったのをきっかけに、刃物づくりをはじめる。
堺でも珍しいナイフや洋包丁などの柄付けの技術を活かし、カスタム・レベルのものづくりを目指す。


堺刃物

研ぎ澄ます伝統、次世代へ

伝統を受け継ぎ、発展させてゆくのも仕事の一つ。
森本刃物製作所は刃物の町・堺で、伝統の技をさらに研ぎ澄まし次の世代へ繋げてゆく。

森本刃物製作所の公式サイトへ




森本刃物製作所の仕事
制作 : 乾 陽亮
写真 : 梅田 彩華
文  : 岩淵 拓郎
協力 : 富樫打刃物製作所(鍛冶写真)



  1. 森本刃物製作所の仕事
  2. 01
  3. 02
  4. 03
  5. 04
  6. 05
  7. 06
  8. 07
  9. 08
  10. 09
  11. 10
  12. 11
  13. 12
  14. 13
  15. 14
  16. 15
  17. 16
  18. 17
  19. 18
  20. 19
  21. 20
  22. 21
  23. 22
  24. 23
  25. 24
  26. 25
  27. 26
  28. 27
  29. 28
  30. 29
  31. 30
  32. 31
  33. 32